D列車でいこう

読了。

 

阿川大樹さんの本は初めて読んだ。

結構経済関係のことが書いてあったので、鉄道っぽくないな~なんて思い読んでいたがそうでもなかった。

 

晴れの日に傘を貸し、雨の時に傘を取り上げる銀行の話も書いてあり

半沢直樹」系が好きなわたしとしてはとても良かった。

 

「何をしても仕方がない」という風潮があるが、やらなければ何も変わらない。

 

というか「失敗を許さない」という風潮があるのがどうかと思う。

 

人は人、自分は自分。

 

これからはなんでも好きにやって好きに生きていこう。