神様の裏の顔

読了。

 

藤崎翔氏の作品。

この方の本は初めて読んだ。

 

芸人であったということもあり、要素が散りばめてあった。

 

途中は「ああ、いい人の裏ってこういうもんだよな」と思いつつ読んでいたが、

最後の最後でのどんでん返しは凄かった。

あっという間に読めてしまった。

 

息抜きにはちょうどいい一冊であった。