ゆるく考えよう

読了。

 

ちきりん氏の本である。いわゆる「ちきりん本」。

 

印象に残ったのは、

・やりたいことをやる。

・学びたければ金を稼げ

・好きなことは金を払え

・大事なことはコストで決めるな

・アウトプットにつながるインプットを(問われるのは何がアウトプットできるかだから)

・魅力的なヒトになったほうが効率いい。

・一度きりの人生好きに生きればいい

・自由に生きる。自分のために生きる。

・楽観的に生きよう。

というものか。

 

本やブログを読んでいると、なんとなく「ああ、みんな言っているのは同じだ」と思う瞬間がある。

 

所詮、生きていくと言うのはそんなものか。