ブルー・ゴールド

読了。

 

真保裕一氏の作品。

 

目まぐるしい展開で、追いついていくのがやっと。

 

最後の最後まで裏の首謀者が誰かわからなかった。

そういう意味では、最後まで面白く読めた。