ドラゴンフライ

読了。

 

河合莞爾氏の作品。

 

氏の作品は以前にも読んだことがある。

 

プロローグは??となってしまったが

読んでいくうちに以前読んだ時に出てきたヒトたちが出てきたので

ああ、この系譜かと思ってしまった。

 

ラストがどうなったのかというが書かれていなかったので

消化不良気味だがこういう終わり方もありかと。

 

夏も過ぎ秋へ向かっているこの季節。

 

ドラゴンフライもちらほらと。