七つの会議

読了。

 

池井戸潤氏の作品。

 

伏線が巧妙にはられており

あっという間に読めてしまった。

 

勧善懲悪とはいかないが、

結局悪いことはイケませんということか。

 

ヒトにはバックグラウンドがある。

それぞれの人生。

 

もう少し大事にしたい。