嫌な女

読了。

 

徹子先生が自分に見えてきてしょうがなかった。

 

孤独。

 

自分はうまく付き合っていると思う。

 

元来他人とうまくやっていくのが苦手なので

自分もそうなるだろうなと思いながら読んでいった。

 

解説の「夏子さんが本編に出ていない」というのには「アッ」と思った。

そういえば全て伝聞だなと。

 

ここまで描写できるのはすごいなと。