デッドマン

読了。

 

河合莞爾さんの本は初めて読んだ。

 

人の一部を組み合わせて別の人を作るのか?と思わせるのは

なかなかなものである。

 

このごろ警察ものばかり読んでいるような気がする。

 

まあ、仕方ないね。

 

ロボトミーという言葉は知ってはいたが、

結構エグいと思った。

 

脳という領域に人間が立ち入るということをもっと考えないといけない。